新しい法律が色々と出て来るので、
わけがわからなくなりますよね。

これからはとりあえず基本六法を
民法商法から学ぼうと思います。

本当は会社に務める時に、
民法も商法も学ぶべきなんでしょうけど、
ほとんど普通の人は使う機会もなく
人生を終わっていきますからね。

知ってても行使するには
弁護士雇わなきゃとか考えると
結構うんざりしますよね。

弁護士報酬だけで賠償金取っても
終わってしまったら使う意味が余らないし。

その点で、知っておくだけで「気になる」ってことはありますが
実際の意味はそんなにないのかも。

知っていれば気をつけるようになるけど
知らない人は破ってから言われても
案外問題なしのケースもあります。

ですから、「実際に使うべき」「守るべき法律」に
絞って勉強していきたいと思うんです。

例えば、クーリングオフみたいに消費者でも使えるとか
給付金や助成金みたいな、制度を利用するとか。

そういうのも、暮らしの法律の一部ではありますよね。